介護福祉施設, 建築, 生活/暮らし

介護施設の建設の際に求められるポイントとは?

超高齢化社会に突入した日本においては、地域の差はあれどどの地方自治体も日常生活に支援が必要な高齢者の割合は年々増加傾向にあると言っても過言ではありません。 平均寿命が世界でも有数の日本は、健康寿命と平均寿命の乖離が大きな社会問題として注目を浴びている現状があるのです。核家族化が進み親の介護の為に働き盛り世代が仕事を離職せざるを得ない状況は、様々な悲劇や社会問題を生み出しています。だからこそ介護施設を始めとする高齢者の介護サービスの役割は今後ますます大きくなっていくのです。 平成12年4月に施行された介護保険法によって様々な業界の企業が介護業界に参入できるようになり、介護施設の建設は増え続けている現状があります。介護施設を建設する際には、一般的な公共施設や住宅マンションなどとは違った視点を元に建設を行う必要があります。車いすや寝たきりの生活であっても日常生活が行える環境や導線が確保されている必要があり、プライバシーに配慮された上で衣食住や排泄、入浴などが安全に行える環境も当然必要になるのです。 介護が必要な高齢者が快適に生活できる環境である為には、実際に要介護者のケアを行っているケアスタッフが介護をし易い環境であることも重要です。汚物を処理する下水の環境や食事を提供する場所や口腔介助や入浴介助が行いやすい導線が確保されているか、設備が整っているかなども大切なポイントになるのです。 近年様々な自然災害が発生しており、火事などの緊急事態だけでなく地震や台風の自然災害においても施設から避難を行う必要が発生するケースも増えています。寝たきりの高齢者であっても避難がスムーズに出来る環境や設計がなされていることも非常に重要な部分として挙げられます。