建設, 老人ホーム, 高齢者

グループホームの建築費はどのくらいか

グループホームは、痴呆症にかかっている人が入居する施設です。特徴は、サポートを受けながら日常生活を共同で行うという点です。   老人ホームは施設を前面に押し出していますが、グループホームは痴呆症の進行を抑えるために、普段の生活に近い住居を用意するというスタンスですから、一般的な家に似たような造りをしています。グループホームは、一事業所で2ユニットまで運営可能です。   1ユニットは5から9室と決まっています。建築費用は、土地代を含めると2ユニットを同一敷地内で建てるとすると、1億円ほどです。もちろん、規模やその地域の物価などによって具体的な建築費は異なってきます。   また、自治体によっては補助金が貰える地域もありますので、その場合は建築費を抑えることは可能です。補助金が貰えるかどうかは自治体ごとに異なることであるため、確認が必要です。   グループホームの設計は、この設計を得意としている建設会社を活用すると、入居者にとって住みやすい建物を建てることができます。その理由は、ノウハウがあるため、きちんと法律の要件を満たしつつ、入居者が快適な暮らしを送ることのできる設計を考えてくれるからです。   実績のある会社は、ホームページで積極的に宣伝をしているほか、設計のスタンスやこれまでどういった建物を建ててきたのかという実績をアピールしていますので、ホームページを見ればグループホームの設計、施工を依頼するのにベストな会社を選びやすくなります。

建設, 老人ホーム, 高齢者

グループホームの種類とその建設許可

グループホームにはその根拠となる法律が2種類有り、それぞれ建設関係において確認が必要です。まずは介護保険法に規定するものですが、この場合には認知症対応型共同生活介護事業となり、介護保険法に規定する基準を満たさなければいけません。   もう一つは身体障害者総合支援法関係での事業です。こちらも障害者総合支援法での基準を満たす必要があります。根拠となる法律を抑えることは必須です。   特にグループホームの中でも介護保険法のものは、地域密着型サービスの位置付けであり、市町村が許認可を行いますが、建設にはハードルが高めの場合が多いです。地域密着型サービスは、その自治体が必要が無いと判断される場合には、そもそも許可が下りません。   認知症対応型のグループホームの建設では、競合する場合もあります。他の法人が他の地域で開業を考えるときに、そもそも認可を行う場合においてより必要性が高いと思えるものを優先して、許可を出します。   ここで許可が出なければ、グループホームの建設は出来ません。このように、いくらグループホームをやりたい、建設したいと思っても、認可が出なければどうしようもないことです。   したがって、まずは制度上においての最低限の知識を有することが求められますし、認可を行う行政自治体との連携が欠かせないことをよく知っておくことが求められます。 なお、介護保険法等との許可と建築基準等での許可は、別物であることに注意が必要です。

建設, 老人ホーム, 高齢者

老人ホームは実績のあるところを選ぶ

高齢化の時代、ある程度の広さのある空き地が出来ると、老人ホームが建設されるようになっています。都会では、多くの老人ホームがあり、家族や親族がホーム入居をせざるを得ない状態の時には、選び方が課題となります。   老人ホームの中には、職員の対応の仕方や運営の方法等で行き届かないところもあり、新聞やニュースで報道されるような、悲しい事件にまで発展してしまうこともあります。家族や親族が悲しい思いで過ごすことがないよう、ホーム選びは慎重にします。   老人ホームは、実績のある、評判の良いところを選ぶようにすることが第一です。多くの人達に評判が良いところは、自分達や自分達の家族が訪ねても、良い印象を持つことが多くなります。したがって、知人や友人の話、さらには高齢者施設に関する情報に耳を傾け、どういったところが評判が良いのかを知る努力をするようにします。   ホームは多くありますので、どのホームも、多くの人達に評判が良いことを目指し、実績を上げる努力をしています。どういった点で、そのホームの良さがあるのか、自分の家族や自分達に向いているのかを見極めるようにします。   実績のある老人ホームは、入居者の人達が心地よく暮らせるよう、やさしい気持ちで迎え入れてくれます。事前に見学等を行い、ホーム全体の雰囲気を感じ取り、良い印象を受けたところを選ぶようにします。   多くの場合、そういったホームは実績のあるところです。信頼することが出来ますので、安心です。

建設, 老人ホーム, 高齢者

老人ホーム建築費は一般的な賃貸よりも高額

老人ホームの建築費は一般的な賃貸マンションなどよりも高額といわれています。高齢者向けの施設だとバリアフリー化は必須で、サービス付き高齢者住宅だと床面積が原則25㎡以上で便所と洗面設備等の設置なども欠かせません。   この基準を満たすためには一般的な賃貸物件よりもコストが高くなります。かかったコストを利用者からの家賃などで回収しようにも市場からすると難しく、収益性が下がる可能性が高いことも考えておく必要があります。   一般的に定員50人程度の老人ホームの開設にかかる建築費は約3億円といわれています。中でも一番高額にあるのが物件の取得費用で、居抜き物件を取得しても老人ホームとして建築する場合は、大規模なリフォームが必要だったり什器ななどが必用になることもあり建築費もそれ相応にかかることも多いです。   サービス付き高齢者向け住宅だと国からの補助金交付の対象なので費用の負担もかなり軽くなります。これは新築だと建築工事費の1/10以内が一戸につき上限100万円まで補助されて、高齢者生活支援施設を合築や併設するときも上限1000万円として補助金が交付されます。   また、老人ホームでも有料なものだと補助金や助成金が期待できないため建築費も高額になる可能性が高いです。少しでも建築コストを下げるには、建物を寄宿舎することです。これは台所やトイレ、洗面所や浴室が共用となりコストを抑えることが出来ます。 老人ホームは建築費も高額になりやすいのでそれを踏まえてから建築することが大切です。

建設, 老人ホーム, 高齢者

介護保険施設の老人ホームはローコストで入所できる

老人ホームには、公的な介護保険施設である「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」と一般企業などで運営する「有料老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅」などがあり、全国各地に点在しています。   施設の数は、保険者で管理しているため、必要以上の施設が集中することはありません。各施設では入所に伴う利用料が発生します。介護保険施設は公的な施設であるがゆえ、ローコストで入所することができます。   また、所得額の低い高齢者に対しては、申請により「介護負担限度額認定証」が交付されます。提示することで認定証に記載されている金額に居住費と食費が減額されるようになり、さらにローコストで入所することが出来ます。   ローコストで入所できるのが人気となっており、約300~700人程度の入所待機者がいるため、実際に入所できるのは数年待ちの状態が続いています。一般企業などで運営する「有料老人ホーム」などでは、介護負担限度額認定証の利用ができないため、所得額に変動することなく、皆一律の居住費、食費、管理費などの料金を支払うようになります。   所在地や施設の設備などによって地域的な費用の違いはありますが、平均して居住費、食費、管理費の合計が約13~16万円程度になります。   デイサービスやホームヘルパー、福祉用具貸与などの介護保険サービスを利用した場合には、さらに1~3万円程度の利用料金が合算されますので、施設を検討する場合は、直接担当職員からかかり得る金額の説明を受けるのが良いでしょう。

建設, 老人ホーム, 高齢者

低コストな老人ホームの探し方

有料老人ホームに入居しようとすると月に一人当たり20万円以上の費用がかかる場合がほとんどであり、それなりの貯蓄がないと厳しいです。また月々の費用だけではなく入居時や退去時にも費用が発生してしまいます。   さらに特別養護老人ホームとは違って、おむつ代等も自己負担となってしまい費用が膨大となりますので少しでも節約するために低コストの有料老人ホームを探したいという方は多いです。   低コストな老人ホームを探すためには一件でも数多く見学したり、資料請求したり、インターネットで評判を検索したり、口コミを聞いたりすると良いでしょう。低コストではない高い施設の場合は空きがあいている事が多く、すぐに決めなければならないという事はありませんから納得するまで探す事が大事です。   もちろん低コストという部分だけではなく安全性や身内が通いやすいかといった部分も重要です。情報の集め方としましては自治体の窓口に問い合わせて一覧を確認したり、インターネットで見たりして比較検討してください。   その時に選ぶポイントは設備やサービスの内容、環境が良いかといった点となりまして、それらを総合した上で安い費用かどうかをみてください。また同じ有料でも住居型、介護付き、健康型と種類があり、それぞれサービスの契約が異なる事がありますから細かく契約内容を確認してください。   しっかりと比較検討して探せばサービス内容も環境も良くて比較的低コストで入居する事は可能です。

建設, 老人ホーム, 高齢者

老人ホーム入居の事例

自宅での介護だと本人のペースで過ごせやすくなりますが、家族の負担も大きく介護などに関しても不足がちになりやすいです。老人ホームだと次のような事例があります。   施設だと栄養バランスを考えた食事の提供があり栄養不足の心配がないことや、空調管理もされていて夏の脱水や冬の暖房事故の心配も少ないです。家族だと見落としがちな病気の兆しも早く発見できて、日中や夜間に状態が急変しても適切に対応してくれます。   老人ホームの事例では他にも毎日日課があるので本人の生活にメリハリももたせられて、専門家による適切な介護やケアなどで本人の症状も落ち着いて穏やかに過ごせます。家族だけだと介護などがあるときは長く続くと大きな負担になります。   先が見えない介護は家族がどこまで関わって、どこからサービスに任せるかを考えることで自分の生活を維持するには大切なことです。施設に入居することは一つの選択方法です。   老人ホームへ入居した事例でも、入居後にも家族への関わりが多いことで本人や施設側にもメリットが高いです。本人の情報が少ない入居直後は、家族から入居者の生活暦や趣味、自宅でのケアなど情報を得てから個別ケアも深まっていきます。   自宅でケアを行うときでもサービスの利用方法次第で家族の負担感が違ってきて、老人ホームも事例などを参考にしてどのように利用するかが重要になります。   負担などで精神的にきつくなる前に入居することに決めて、入居した後も出来る範囲で関わることで良い関係も継続していけます。

建設, 老人ホーム, 高齢者

老人ホームを設計するときのポイント

老人ホームは一般的な住宅を建築するときとは違うポイントがあって設計の仕方も異なります。規模や用途も違いますが高齢者が入居したときに使いやすくて、快適性など一般住宅にはない要素も考えることが必要です。   老人ホーム特有の設計に関しては高齢者向けの建築で経験が豊富な事務所や建築会社などだと理解してから対応をしてくれるので安心です。老人ホームは一般的な住宅と異なり法律での制度や決まりごと、特有の事情などから求められる規模など設計や建築にポイントがあります。   先にどこに注意するべきかを確認しておくことで選ぶときにも参考になります。一般住宅は自由度が高いですが、生活支援が必要な高齢者が入居する老人ホームだと建築や設計も異なります。立地条件は、住宅用だと駅から近いところや商業エリアに近いなど生活をするときに利便性が高いことが好まれやすいです。   一方老人ホームでは人通りが多いと送迎で妨げになったり、交通量が多いと事故にあいやすくなりことも考えられるため、設計して建築するときも大通りから少し離れた広い用地を確保で居る場所が望ましいです。   規模も一般住宅は予算や希望の部屋数、間取りで決めていきますが、高齢者向け施設ではそれぞれ目安があります。例えばデイケアやデイサービスを行っている施設だと利用定員数の2倍の坪数が目安とされていて、20人が定員なら40坪になります。   設備に関しても一般の住宅だと建ぺい率などの制限はあっても自由度は比較的高いです。高齢者向け施設では設備は法律で定められた最低基準を満たすことが条件になります。

建設, 老人ホーム, 高齢者

老人ホーム施工のメリットについて

近年空いた土地の活用の一つとして老人ホームを施工する人も増えています。高齢者の人口や介護者の人に比べて高齢者向けの施設や住宅が不足しています。   さらに希望に沿った施設も少ないため入居希望者は入居までに長い期間待たされたり、入居が難しかったります。需要増加に伴って老人ホームを施工すれば高い入居率も見込めで長期的に安定した収入も安いです。   今後はさらに増加してくるため安定的な入居率での安定した収入も期待できます。老人ホームの施工は景気に左右されることがなく、立地条件も駅に近くないと駄目だとか、商業地区でないなど大きな制限がないため建設しやすいです。   オフィスや商業施設に賃貸を建築すると高い収益は生まれやすいですが、景気によって収益にも影響が出ることもあります。それと比べて高齢者用住宅だと立地的に限定されることもなく、どのような立地でも対応がしやすいです。   様々な税制の優遇を受けられるのも老人ホーム施工のメリットです。例えばサービス付き高齢者向け住宅だと所得税は、1戸あたりの床面積が25㎡(専用部分のみ)以上で戸数が0戸以上の建物だと、減価償却を5年間に渡り40%の割増償却が出来ます。   土地の固定資産税も住宅用地の課税標準の特例措置で課税標準額が3分の1に軽減します。安定的な収益が残せるのも老人ホーム施工の良い面です。事業拡大を検討している場合や個人、新規事業開拓を検討している法人や個人にとっても一つの良い方法です。 もし土地がなくても予算に合わせて土地を探せますし、介護運営事業者なども紹介してくれます。

建設, 老人ホーム, 高齢者

老人ホームを建てる際の建築業者の選び方

これから老人ホームを経営するのなら、まずは建物を建てる必要があります。今までに何度か老人ホームの建築をした経験があるなら、その時にお願いした業者に依頼すれば良いでしょう。   ただし、初めてなら建築業者の選び方にはいくつか注意しておきたいことがあるのです。まず、老人ホームを専門に建築している、もしくは何軒も手がけた経験のある業者を選びたいです。   なぜなら老人ホームというのは、通常の建物とは違うからです。例えばバリアフリーにするだけでも、それなりに技術がいります。加えて、廊下に使う素材なども相談しなければなりません。   その時にノウハウを持っているところなら、アドバイスをもらえるので心強いです。それから、担当者と実際に会ってみて、話を聞いておくのも大切です。いくつか質問してみれば、その人に十分な知識があるのかがわかります。同時に受け答えが丁寧か、親身になってくれるのかをチェックしておきたいものです。   できれば、一社だけで設計から施工、最終確認ができるところが望ましいです。いろんな業者が入ると、お金がかかります。さらに指示を徹底させるのが難しいです。すると、想像していたのとは違うものができてしまう、などといったことも珍しくないからです。選択肢がないならしかたがないです。   しかし、老人ホームを建築できる業者が複数見つかったのなら、見積もりをしてもらうのは必須です。それ以外にも、どんな業者なのかを知りたいこともあるでしょう。それなら過去に手がけた建物を見るのが一番です。 そこで住所を聞くか、写真を見せてもらうと良いです。