介護福祉施設を建設する場合の業者選定

介護福祉施設を建設する場合は、適切な業者に依頼する必要があります。

通常は設計と施工は別の業者に依頼することになります。計画は設計事務所に依頼し、工事は建設会社に依頼するのが一般的です。設計事務所は計画を得意とし、工事が図面どおりに行われているかどうかの監理も担当します。大手の建設会社にも設計部門はありますが、介護福祉施設の専門家ではありません。設計は専門の事務所に依頼し、合わせて工事の監理も頼むのが一般的です。建設会社を選ぶ場合は工事を行う能力と共に、工事費の額が問題となります。

介護福祉施設を経営する場合は初期投資をなるべく抑える必要があります。工事費の安い業者を選ぶことで、その後の経営が楽になります。介護福祉施設を建設する場合の業者選びは、見積もり合わせにより行うのが一般的です。見積もりを複数社に依頼し、最低価格の提示者を探すのが目的です。公共建築での業者選びは入札を行うのが一般的です。公共工事では公平性が大切で、見積もり合わせでは公平性が保てないからです。

しかし、民間工事では入札は一般的ではなく、見積もり内容を精査できる見積もり合わせにより業者を選定する方法が用いられます。見積もり合わせでは最低価格の提示者が候補者となります。その場合でもすぐには発注せず、見積もりの内容を精査することが大切です。設計図の通りに見積もりがなされているかどうかを精査し、問題がなければその業者に発注するのが一般的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *