介護福祉施設を建設する際のポイント

介護福祉施設の建設をする際には一般住宅とは異なる点がかなりあるので、その相違点をしっかりと理解した上で建設に取り掛からなければなりません。

その違いは規模だけではなく用途の違いによって生まれるが、それも全て利用者が快適で安全に過ごす為に必要なことです。まず、どの場所に建設するかだが、一般住宅なら駅から近く通勤通学に便利な場所や商業施設が近くにあって生活に便利がしやすい点が重要視されるが、介護福祉施設の場合は反対に人通りが多いと送迎の妨げになったり、交通量が多いと利用者が事故に巻き込まれる恐れがあるので、大通りから少し離れた広い土地が確保できる場所が適しています。

続いて建物は一般住宅なら予算と希望する部屋数や間取りから決められるが、介護福祉施設の場合は介護に必要な規模の目安があります。例えばデイケアやデイサービスであれば利用定員数の2倍を目安としています。つまり利用定員数が20人なら40坪、利用定員数が50人なら100坪となります。さらに入り口にはスロープを設置したり、バリアフリーのトイレなども設置する必要があるが、意外と多いトラブルが様々な設備を設置しすぎて予算オーバーするケースです。

これらの設備は利用者が快適で安全に過ごせることが目的なので、何が必要で何が不要なのかよく考えた上で設置しましょう。また、介護福祉施設の場合バリアフリー仕様にしなければならないなど、施設の種類によっても異なるが法律で定められている点があるので、それらの設備投資をしても予算内に収まるかよく考えて建設をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *