介護福祉施設の建設で必要な業者の選び方

介護福祉施設を建設する場合は業者を選ぶ必要があります。

業者の数は多く、どこを選んでよいのか迷うことも考えられます。介護福祉施設を建設しようとする場合は、業者を直接選ぶのは危険です。専門分野における圧倒的な情報量の違いから、直接選び場合は間違いが起きやすくなります。そこで考えられるのが設計事務所に利用です。設計を別な組織に依頼することで、偏った単独の情報に振り回される危険を回避できます。また、設計事務所には工事の監理も依頼することで、手抜き工事を防ぐことができます。

業者を選定する場合は設計事務所の協力を得て、品質が良く価格の安い業者を選定することが大切です。介護福祉施設を建設する業者は、特別なものである必要はありません。よほど規模の大きなものを除いて、大手ゼネコンに依頼することもありません。小規模な施設の場合は、大手ゼネコンに依頼するよりも中堅ゼネコンか地元の建設会社に依頼した方が経済的です。

介護福祉施設は建築時術の面で難しいものではありません。多くの建設会社では問題なく施工が可能です。業者の選定は通常、複数の業者の見積もり金額を比較して決められます。初めから会社を絞って依頼した場合は、請負金額が高くなる傾向にあります。見積もりの依頼は複数の会社を対象に、時間をずらして現場説明を行います。どの会社に依頼したかをお互いが知ることのないようにするのが談合の防止に役立ちます。通常は最低価格の提示者に、工事を発注することになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *