介護福祉施設建設費に当たって必要な配慮

介護福祉施設は通常の住宅と違って、建物とその居住空間に住む人々、働く人々全体のバリアフリー概念に対応することが必要です。

最近多いのは幼稚園や保育施設と隣接した土地に建設すること、あるいは同一法人がその両方を同敷地内に建てることです。子どもが老人を敬う姿勢、老人が子どもを見て癒されるという双方にたいてメリットのある効果があります。介護福祉施設建設に当たってはそのほかの立地条件も大切です。喧騒が激しい土地には建てられません。

農業地域、落ち着いて緑が多い場所、デイホームが近くにある多角的な利用ができる施設が求められています。介護福祉施設建設には建材選びや空間の設計も大事です。自然を感じさせる木材や広くて開放感があるスペースが求められているのです。ただ建てるということではなく気持ちよく過ごせるということを重視するすると専門家のインテリアコーディネーターの協力も必要となるでしょう。

利用者が求める居住空間が多様化していることもニーズに応えるために理解しておきたいことです。施設の中で生活したいのか、それとも高齢者用賃貸住宅でプライバシーを尊重することが大事なのか、利用者の身体、知的機能水準によっても考慮しておきたいでしょう。介護福祉施設はその利便性を考えると何度も打ち合わせを重ねて納得の行く施設を建てる必要があります。利用者にも働く人にも便利で使いやすいこういった施設に対する需要は、高齢社会で増加していくのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *