介護福祉施設建築は基準を尊守して

超高齢化社会の到来により、介護福祉施設の需要に比べ、供給が追い付かない状況が続いています。

デイサービスなどの通所施設は何とか足りていても、入所施設が追い付かない状況が続いています。それは施設そのものより人出不足など人員的な問題です。今では社会福祉法人でなくても特定非営利団体や会社が参入して介護福祉施設を運営できます。

有料老人ホームなどある程度年金や財産のある高齢者を対象にホテル並みの豪華設備を謳い建築しています。介護福祉施設の建築には法律で決まった一定の決まりがあり、それをクリアしなければ申請許可が下りません。消防法なども年々厳しくなり、スプリンクラーの設置や非常口や非常階段など防災への配慮も問われます。

建築基準を満たし、施設が出来上がった後、利用者確保が上手くいくかは営業手腕がものを言いますね。パンフレットやチラシ、見学者を受け入れるためのイベント等、わかりやすく、気持ち良く説明できることが大事でしょう。終の棲家となる介護福祉施設は、温かみはもちろん、住みやすさ、快適さが当然必要であり、スタッフの質も重要です。

コストパフォーマンスの良さも当然決め手になりますね。施設経営に大切なノウハウ、運営を潤滑にするために何をすればいいか、他種職スタッフの連携も肝となります。施設長は全体を把握できるリーダーシップを持っていかなければ成り立ちませんね。建設費も億単位でかかることを想定し、準備が必要でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *