介護福祉施設の建設に欠かせない要素と視点とは?

現代社会における日本では高齢者の介護問題はもはや対岸の火事ではありません。

超高齢化社会に突入し、高齢者の単独世帯や夫婦のみ世帯が増え続けている現状の中で、日常生活に支援が必要になった時に頼れる家族が直ぐ側に居ない状況は非常に多いのです。年を重ねる中でどれだけ元気に生活を送っていたとして、もちょっとした転倒や風邪などによって骨折をしたり肺炎になってしまうケースは少なくありません。

一端入院をすると寝たきりの生活になってしまったり、退院しても以前の様な自立した生活が困難なケースもあります。だからこそ、介護が必要な高齢者を社会で支援していく介護福祉施設の存在は非常に重要なのです。平成12年に介護保険法が施行されて以来、民間の企業等も介護福祉施設を建設して介護業界に参入できる様になりました。

建設関係に携わっていた企業などはそれまでのノウハウを活かして介護福祉施設を建設して運営に乗り出すケースも増えています。日常生活に支援が必要な高齢者を支える介護福祉サービスは、それらの人々が生活をする施設の環境、即ちハード面の充実と、提供されるサービスであるソフト面の充実が欠かせません。特に介護は高齢者を毎日直接支援しているケアスタッフの働き無くしては成り立たないサービスであると言えます。

だからこそ、介護福祉施設を建設する際には、高齢者の支援を直接行うケアスタッフの目線や視点が非常に重要です。どのような導線であれば安全にケアが出来るか、どのようなフロアの作りであれば限られたスタッフで安全に見守りが行えるのかなどは設計には欠かせないポイントです。これらの視点は実際に高齢者の介護をしている現場の職員だからこそ分かるリアルな情報でもあります。だからこそ、介護の専門家が設計段階から意見を言える環境を整えることが大切なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *