介護福祉施設の建設に欠かせない視点とは

年を重ねていっても毎日を元気に健康で生活したいと誰しもが願っています。

とはいえ、大病をしていなくても年を取れば足腰も弱り、心身の機能が低下していくことはやむを得ません。家の中の小さな段差で転倒するだけで、骨折して手術やリハビリで長期入院を余儀なくされる場合もあり、寝たきりや介護が必要な状況になる高齢者も少なくないのです。核家族化が進む日本においては、高齢者の単独世帯や夫婦のみ世帯が増えており、心身状況の変化によって在宅生活の継続が困難になる人も居ます。

それらの人は介護福祉施設などに入所したり、介護保険サービスを利用する事によって安心して日常生活を続けていける人が数多く存在しているのです。高齢者の支援を社会の仕組みとして行って行く環境を構築するために平成12年4月に施行された介護保険法が施行されました。これによって、介護福祉施設の建設は増え続けており、数多くの民間企業がこの業界に参入して介護福祉施設の建設と運営を新事業として行うケースも増えたのです。

介護福祉施設を建設する際には、一般的なマンションや住居、公民館などの施設とは異なった視点を持つことが必要です。介護保険法で取り決められた様々なルールの基でその法令を順守して設計や建設を行う事が大前提です。その上で心身機能が低下した高齢者が快適に生活できる環境、さらには入所後に心身機能が大きく変化していく事も想定した上で建物を設計する工夫が必要です。

高齢者の尊厳を重視したプライバシー保護と安全性を確保できる見守りを行いやすい環境をどのように共存させていくのか、排泄や入浴、口腔や着替えなどの様々な日常生活において支援が必要な高齢者が生活する環境は、介護をする介護スタッフの導線も考慮されなければなりません。だからこそ、現場の視点と実際に生活する高齢者のことを具体的に想像した環境作りが求められるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *