介護施設の建設を行う時のポイントとは?

生活水準の高さや医療技術の進歩により世界でもトップクラスの平均寿命を誇る日本においては、それと同時に高齢者の介護問題が大きな社会的問題としてクローズアップされています。

平均寿命と健康寿命は一致しておらずに、年を重ねてくれば来るほど心身機能が低下し、日常生活に何かしらの支援が必要としている高齢者の数は増え続けているのです。超高齢化社会に突入した日本の高齢者問題を社会的にサポートすべく、平成12年に介護保険法が施行されました。

この法律によって40歳になると保険料の支払い義務は発生しますが、介護が必要になった時に1割~2割の自己負担金で介護サービスが利用できるようになりました。それと同時に民間企業の参入が認められ、数多くの介護施設の建設が行われているのです。介護保険法に基づいて介護施設を建設するときには、法令によって決められた様々な規定やルールがあります。

地域密着型の介護施設であれば、建設や事業開設の認可が下りて一定の条件を満たした場合に地方自治体の補助が下りるケースもあります。そのために、サービスを提供する予定の地域や自治体の制度をしっかりと事前に調べることが大切です。介護事業所を運営する法人や企業は、大企業ではなく小さな規模で少ない施設の運営を行っているケースも数多くあります。

それらの運営団体は経済的な体力が十分でないために、土地を購入して建物を建設することは大きな負担になる場合もあります。そのような運営団体にとっては、介護施設の建設を行う時に利用できる補助支援制度は非常に大きな支援となって、事業開始後の経営の安定や発展にも繋がっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *