介護福祉施設建設の変化

介護離職という言葉を一度は耳にしたことはありませんでしょうか?

介護の仕事に就いている人が、様々な理由から介護の仕事を辞めることと思われがちですが、そうではありません。介護離職とは、働き盛りの世代の人たちが家族の介護のために労働時間を短縮したり、退職してしまうことです。働き盛りの世代の介護離職を減らすために国や企業は色々な対策をとっています。

その中で重要な役割をもつのが、介護福祉施設の建設です。一口に、介護福祉施設といっても施設の種類は実に様々です。市町村が運営する介護保険施設をはじめ、民間の企業や法人が運営する老人ホームやサービス付き高齢者住宅などがあります。

少子高齢化が進む日本では、こういった介護福祉施設があちこちに建設されていますが、施設というとあまりいいイメージを持っていない人も多いのではないでしょうか?しかし、昨今の国の方針により、地域密着型の施設が増えつつあります。新興住宅地の中に、とても自然な形で施設が建設され、周りには新築が建ち並んでいます。新たにその地域に住む人同士の明るい人付き合いが生まれます。

また、近所のお祭りを地域住民として若者と盛り上げていたり、保育園や公民館のイベントに参加したりされています。新しい地域社会が作られる事により介護福祉施設というものが、昔の暗いイメージから明るく楽しいイメージに変化していっています。今までの考え方にとらわれず、新しい目線での介護福祉施設の建設により、介護という世界にプラスの循環が続く事を期待しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *