介護福祉施設の建設に必要な法律の知識

介護福祉施設の建設には法律の知識が必要です。

建築基準法や都市計画法など、建築関係の法律に適合した計画をする必要があります。さらに、介護福祉施設の建設では厚生労働省令で定める施設基準等が定められているので、合わせて基準をクリアする必要があります。介護福祉施設はどの場所にでも建設できるわけではありません。

建築できる場所は建築基準法に定められており、当該敷地が属する用途地域により、細かな基準が設定されています。計画に当たっては、敷地を選ぶことが必要ですが、敷地の選択ではこれらの法律を確認する必要があります。建築物自体の設計は設計事務所等の専門家が行いますが、オーナーも最低限の法律の知識が必要です。

介護福祉施設は建築基準法においては老人福祉施設に該当します。建築基準法では老人福祉施設は住居系の施設として扱われるために、採光や換気、及び排煙に必要な窓を適宜設置する必要があります。居室の大きさや廊下幅などは建築基準法で基準が定められている他、厚生労働省令で定める施設基準等においても基準が定められているので、それらの法的な基準を満足する必要があります。

介護福祉施設が建設される場所は原則として市街化調整区域には建てることができません。建設に当たっては、市街化区域などの建てることが可能な地域を選ぶ必要があります。施設を建てる敷地は、災害に対して安全である必要があります。地震や水害に強い地盤の敷地を選ぶことが望まれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *