福祉施設を建築する時のポイント

これから先、福祉施設を建築する時にはいくつかのポイントを押さえていくことが必要になります。

福祉施設を建築する場合には、まずバリアフリーを積極的に考えなければなりません。福祉施設には多くの老人が住むことになるため、バリアフリーがなければそもそも生活が不便になってしまいます。もし段差などで怪我でもすれば、入院になってしまい大きな問題が発生してしまうかもしれません。バリアフリーのポイントにはいくつかありますが、まずは段差をなくすことが建築する上で重要な課題の1つになると言えるでしょう。

次に必要なのは、扉を設置する場合にドアノブで手前に開け閉めできる扉ではなく横にスライドして開け閉めするタイプであれば怪我をしにくいのは間違いありません。さらに、階段は手すりをつけるのは当たり前でも、車椅子で移動できるように階段1階にエレベーターを設置しておくことが重要になるでしょう。エレベーターを設置する場合には、200万円位のお金がかかりますが、多少出費が多い事は覚悟しておくべきです。

建物の前には自動車を止めることができるスペースを考えておかなければなりません。老人が乗り降りするときにワゴン車が止まることが多いですが、建物から遠いといろいろな面で不便になってしまいます。少なくとも路上に駐車すると近所からのクレームが発生してしまうため、最低でも自動車を1台置くことができるスペースを考えて設計してみましょう。建物自体の外観も、ぬくもりを感じることが出来るようにしておくと、入居者が多くなるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *