段取りが重要な介護福祉施設の建築

通常の場合において介護福祉施設の建築には、色々な準備が必要です。

先ずは用地の確保であり近隣の住民への説明などが必要になる場合もあります。反対計画などが立ち上がるとなかなか前に進まなくなりますので、事前の話し合いは欠かせません。行政との関係では介護福祉施設の建築の許可申請と事業の許可の両方を同時進行で進める必要があります。特に建物そのものが構造上問題が無いかどうかのチェックと介護保険のサービス提供での問題が無いかどうかは、全くの別物です。したがってそれぞれをそれぞれの窓口にてしっかりと説明し了承を得る必要が出て来ます。

建物の耐震性などの問題は介護保険事業とはそれほど密接に関わりません。無論、避難経路などの問題などはありますが実際のサービス提供にはほとんど関係がありませんので介護福祉施設の許可の場では、建築の許可の状況確認が行われる程度で済む話です。こうした話し合いを行政と行う場合には、完成予定図といった図面などの書類審査があります。

その耐震性などの問題でもチェックがなされ、介護保険の施設基準でもチェックが行われていきます。両方にしっかりと話をすることが重要な点です。介護福祉施設の中には近隣住民への説明の状況確認を求められたりする場合がある他、建築中の騒音への対応を求められる場合もしばしばあります。こうした問題を同時進行で対応していくことも必要になるので、事前の段取りや準備が欠かせない事業です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *