介護福祉施設関係の建築に関する注意点

介護福祉施設関係での建築に当たっては色々と注意を要すべき事項があります。

特に許認可を行う行政に対しては事業の計画がスタートする前から早めに相談を行うことが必要です。いったん建物などが完成してから相談に赴くなどしたときには施設に関する基準を満たしていない場合も想定され、結果として開業の許可が出なかったりする可能性があり得ます。介護福祉施設関係では建築基準以外にも守らなければならないルールが非常に多く存在しますので、事前の相談は欠かせません。

大抵の場合は行政において申請の手引きやそれに類するものの作成を行っていて、それを基にして注意点などの説明をしてもらえます。介護福祉施設の種類ごとにその建築時などの要件は異なりますので事前によく相談をしておくことが鍵です。その相談がないと後で開業の許可が出ないという問題になって跳ね返ってきます。行政への相談については大抵の場合時間がかかります。

複数回担当者に話しを聞くぐらいのつもりで対応に当たることも必要です。不明な点は早めにその疑問点を解消するように心掛けることも求められます。建物だけではありません。法人格の取得やその行うべき事業などを定める定見及び法人登記などの記載内容もしっかりと見直す必要があります。文面的に認められないような場合も想定されることから、建物のような箱物だけではなく事業そのものの計画がスムーズに行くように対応を心がけることが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *