空いた建物の活用は介護福祉施設の建築で

不動産運用は誰もができる資産投資の方法として着目されつつありますが、見当違いの場所に物件を購入してしまうと、なかなか入居者が見つからず毎年固定資産税がかかってしまい、赤字になることがあります。

そうならないためには介護福祉施設を誘致して建築してみましょう。少子高齢化の現在では毎年介護が必要な高齢者が増加している傾向にあるので、なかなか受け入れ先が決まらない高齢者がいるのも事実です。そうした高齢者のために介護福祉施設を建築することで社会に貢献していくことができるので、自分の持っている土地や建物を提供する形で高齢社会に貢献するのも良いでしょう。

建築の際には新しい建物を建てる場合にはかなりの建設費用がかかりますが、介護福祉施設側が建設費用を払うことになるので、不動産オーナーは土地を提供するだけでも問題はありません。土地を貸し続けることで毎年賃料収入が入ってきますから、これまで空き地で悩まされていた不動産オーナーや、相続で貰った土地があまり需要のないところでも介護施設ができることで長い間収入を見込める土地へと変化していきます。

入居者が決まらないアパート物件も、戸建て物件も介護福祉施設を建築すればもち直せることが多いので、まずは誘致を前向きに検討してみましょう。どの地域にも必ず土地を求めている経営者はいるので、介護福祉施設を経営している法人に対して、自ら売り込みをかけて建築をしてもらうのも悪くはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *