介護福祉施設を建築するならば

少子高齢化社会に突入していますが、少子化も問題になっている一方で高齢化の問題も放置することは出来ません。

そこで、介護福祉施設の建築が急がれますが、この時には通常の住宅を建築する場合とは異なり、いくつかのことを意識して建築する必要があるでしょう。まず、介護福祉施設で大事なことはバリアフリーの概念になりますが、これを実施しなければ介護福祉施設の中でけが人が出てしまう可能性があるため、細心の注意を払って建築を進めていかなければなりません。

バリアフリーの考え方として大事になるのは、まず段差をなくすことになります。また、手すりを可能な限りつけておくことも大事になること、そして車椅子が通りやすいように建物の中を広めにしなければなりません。建物の中では、全体が見回せるようになるべく障害物をなくしておくことも大事になります。そして、建物の中を可能な限り明るくするべく、大きな窓をつけるようにしましょう。外から太陽が入ってくると自然に気分が明るくなるためです。

周りに建物があり太陽の光があまり入らない場所もありますが、そのような場所には、天井を高めにして窓を高い位置に設置することで室内を明るくすることも可能になります。ただ、法律上制限を受けることもあるため、その点は業者と話し合いをして決めるべきです。外には緑があるとよいため、小さな庭園のようなものを作ると雰囲気がよくなりますが、それと同時に駐車場の確保も大事になりますので、建物以外でもある程度土地が必要になるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *