介護福祉施設の建築を計画する時のポイント

今ではバリアフリー仕様の一般住宅は珍しくありませんが、介護福祉施設の建築においては単にバリアフリー仕様というだけではなくいくつかの条件を満たす必要があります。

一般住宅を建てるのとは異なる特有のポイントを理解して計画することが大切です。例えば介護福祉施設の建築においては一般住宅のように、駅に近い場所や買い物に便利な場所などの利便性のある立地は求められていません。

自動車や自転車の通行量が多ければ事故に遭うリスクが高まりますし、多すぎる人通りは送迎の妨げにしかなりません。

また、介護福祉施設は建築基準法で採光や換気の基準や耐火について定められており、これらを遵守することが義務付けられています。別の用途で利用されていた建物を改築して介護福祉用として利用しようと考えてもすんなりと認められない事があるので注意が必要です。

もちろん、出入りしやすい入り口のスロープや廊下の手すり、使いやすいトイレ、動きやすい広さなど、そこで住む人に優しい設備や構造も考えなければなりません。

しかし、決められた予算があることですから理想を叶えようとしても予算オーバーしてしまうことも少なくないでしょう。

ですから、できるだけコストを抑えながら理想の介護福祉施設を建築しようとする時は設計を依頼する会社の選択も重要なポイントとなります。介護福祉施設の建築は特殊な分野になるので、福祉の分野での実績を重視して設計を依頼する会社を選ぶことも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *