高齢化社会における介護福祉施設の建設

高齢化社会が現実化され数年後には3人に1人が高齢者という時代が来るようです。

介護福祉施設の建設ラッシュも各地で相次ぎ、高齢者にとっては非常に有難い、必要不可欠な存在になる場所となりつつあります。

介護福祉施設の建設に携わる費用は、ざっと数億円と言われています。国による補助金制度がありますが、半額ぐらいが相場であとの残りの分は、借入金などを申請しその分で賄うそうです。

しかし、有料の老人ホームや通所施設などは補助金は見込めず、法人規模や経歴がないと銀行などからの借り入れも難しいそうです。

東北の震災の復興や、2年後に控えたオリンピックなどの影響により、介護福祉施設の建設への需要は益々高くなっていて、建設平米あたりの単価が上昇しているそうです。坪単価の増加傾向にある中、建設業者との絡み合いが重要視され、今後の業者選びが大きな課題となりそうです。

しかし、これだけ施設の建築が進んでも、今なお待機しているたくさんの高齢者の方々がいるという現実があります。これは、国の規則によって、介護福祉施設に従事する介護職員の数が不足している為、施設側が受け入れられない現状があるからなのです。

ひと昔前は、地方などで老人ホームの活動が取り組まれていましたが、時代の流れと共に、高齢者がこれだけ増えれば建築する場所も多方面において考えられ、最近では街のあちこちあらゆる場所に、介護福祉施設の姿が見られます。高齢化社会が注目され、住みよい場所での生活スタイルが今後の目標でもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *