グループホームの建築費はどのくらいか

グループホームは、痴呆症にかかっている人が入居する施設です。特徴は、サポートを受けながら日常生活を共同で行うという点です。

 

老人ホームは施設を前面に押し出していますが、グループホームは痴呆症の進行を抑えるために、普段の生活に近い住居を用意するというスタンスですから、一般的な家に似たような造りをしています。グループホームは、一事業所で2ユニットまで運営可能です。

 

1ユニットは5から9室と決まっています。建築費用は、土地代を含めると2ユニットを同一敷地内で建てるとすると、1億円ほどです。もちろん、規模やその地域の物価などによって具体的な建築費は異なってきます。

 

また、自治体によっては補助金が貰える地域もありますので、その場合は建築費を抑えることは可能です。補助金が貰えるかどうかは自治体ごとに異なることであるため、確認が必要です。

 

グループホームの設計は、この設計を得意としている建設会社を活用すると、入居者にとって住みやすい建物を建てることができます。その理由は、ノウハウがあるため、きちんと法律の要件を満たしつつ、入居者が快適な暮らしを送ることのできる設計を考えてくれるからです。

 

実績のある会社は、ホームページで積極的に宣伝をしているほか、設計のスタンスやこれまでどういった建物を建ててきたのかという実績をアピールしていますので、ホームページを見ればグループホームの設計、施工を依頼するのにベストな会社を選びやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *