介護保険施設の老人ホームはローコストで入所できる

老人ホームには、公的な介護保険施設である「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」と一般企業などで運営する「有料老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅」などがあり、全国各地に点在しています。

 

施設の数は、保険者で管理しているため、必要以上の施設が集中することはありません。各施設では入所に伴う利用料が発生します。介護保険施設は公的な施設であるがゆえ、ローコストで入所することができます。

 

また、所得額の低い高齢者に対しては、申請により「介護負担限度額認定証」が交付されます。提示することで認定証に記載されている金額に居住費と食費が減額されるようになり、さらにローコストで入所することが出来ます。

 

ローコストで入所できるのが人気となっており、約300~700人程度の入所待機者がいるため、実際に入所できるのは数年待ちの状態が続いています。一般企業などで運営する「有料老人ホーム」などでは、介護負担限度額認定証の利用ができないため、所得額に変動することなく、皆一律の居住費、食費、管理費などの料金を支払うようになります。

 

所在地や施設の設備などによって地域的な費用の違いはありますが、平均して居住費、食費、管理費の合計が約13~16万円程度になります。

 

デイサービスやホームヘルパー、福祉用具貸与などの介護保険サービスを利用した場合には、さらに1~3万円程度の利用料金が合算されますので、施設を検討する場合は、直接担当職員からかかり得る金額の説明を受けるのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *