老人ホーム入居の事例

自宅での介護だと本人のペースで過ごせやすくなりますが、家族の負担も大きく介護などに関しても不足がちになりやすいです。老人ホームだと次のような事例があります。

 

施設だと栄養バランスを考えた食事の提供があり栄養不足の心配がないことや、空調管理もされていて夏の脱水や冬の暖房事故の心配も少ないです。家族だと見落としがちな病気の兆しも早く発見できて、日中や夜間に状態が急変しても適切に対応してくれます。

 

老人ホームの事例では他にも毎日日課があるので本人の生活にメリハリももたせられて、専門家による適切な介護やケアなどで本人の症状も落ち着いて穏やかに過ごせます。家族だけだと介護などがあるときは長く続くと大きな負担になります。

 

先が見えない介護は家族がどこまで関わって、どこからサービスに任せるかを考えることで自分の生活を維持するには大切なことです。施設に入居することは一つの選択方法です。

 

老人ホームへ入居した事例でも、入居後にも家族への関わりが多いことで本人や施設側にもメリットが高いです。本人の情報が少ない入居直後は、家族から入居者の生活暦や趣味、自宅でのケアなど情報を得てから個別ケアも深まっていきます。

 

自宅でケアを行うときでもサービスの利用方法次第で家族の負担感が違ってきて、老人ホームも事例などを参考にしてどのように利用するかが重要になります。

 

負担などで精神的にきつくなる前に入居することに決めて、入居した後も出来る範囲で関わることで良い関係も継続していけます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *