老人ホームを設計するときのポイント

老人ホームは一般的な住宅を建築するときとは違うポイントがあって設計の仕方も異なります。規模や用途も違いますが高齢者が入居したときに使いやすくて、快適性など一般住宅にはない要素も考えることが必要です。

 

老人ホーム特有の設計に関しては高齢者向けの建築で経験が豊富な事務所や建築会社などだと理解してから対応をしてくれるので安心です。老人ホームは一般的な住宅と異なり法律での制度や決まりごと、特有の事情などから求められる規模など設計や建築にポイントがあります。

 

先にどこに注意するべきかを確認しておくことで選ぶときにも参考になります。一般住宅は自由度が高いですが、生活支援が必要な高齢者が入居する老人ホームだと建築や設計も異なります。立地条件は、住宅用だと駅から近いところや商業エリアに近いなど生活をするときに利便性が高いことが好まれやすいです。

 

一方老人ホームでは人通りが多いと送迎で妨げになったり、交通量が多いと事故にあいやすくなりことも考えられるため、設計して建築するときも大通りから少し離れた広い用地を確保で居る場所が望ましいです。

 

規模も一般住宅は予算や希望の部屋数、間取りで決めていきますが、高齢者向け施設ではそれぞれ目安があります。例えばデイケアやデイサービスを行っている施設だと利用定員数の2倍の坪数が目安とされていて、20人が定員なら40坪になります。

 

設備に関しても一般の住宅だと建ぺい率などの制限はあっても自由度は比較的高いです。高齢者向け施設では設備は法律で定められた最低基準を満たすことが条件になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *