老人ホーム施工のメリットについて

近年空いた土地の活用の一つとして老人ホームを施工する人も増えています。高齢者の人口や介護者の人に比べて高齢者向けの施設や住宅が不足しています。

 

さらに希望に沿った施設も少ないため入居希望者は入居までに長い期間待たされたり、入居が難しかったります。需要増加に伴って老人ホームを施工すれば高い入居率も見込めで長期的に安定した収入も安いです。

 

今後はさらに増加してくるため安定的な入居率での安定した収入も期待できます。老人ホームの施工は景気に左右されることがなく、立地条件も駅に近くないと駄目だとか、商業地区でないなど大きな制限がないため建設しやすいです。

 

オフィスや商業施設に賃貸を建築すると高い収益は生まれやすいですが、景気によって収益にも影響が出ることもあります。それと比べて高齢者用住宅だと立地的に限定されることもなく、どのような立地でも対応がしやすいです。

 

様々な税制の優遇を受けられるのも老人ホーム施工のメリットです。例えばサービス付き高齢者向け住宅だと所得税は、1戸あたりの床面積が25㎡(専用部分のみ)以上で戸数が0戸以上の建物だと、減価償却を5年間に渡り40%の割増償却が出来ます。

 

土地の固定資産税も住宅用地の課税標準の特例措置で課税標準額が3分の1に軽減します。安定的な収益が残せるのも老人ホーム施工の良い面です。事業拡大を検討している場合や個人、新規事業開拓を検討している法人や個人にとっても一つの良い方法です。

もし土地がなくても予算に合わせて土地を探せますし、介護運営事業者なども紹介してくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *