建設, 老人ホーム, 高齢者

グループホームの建築費はどのくらいか

グループホームは、痴呆症にかかっている人が入居する施設です。特徴は、サポートを受けながら日常生活を共同で行うという点です。   老人ホームは施設を前面に押し出していますが、グループホームは痴呆症の進行を抑えるために、普段の生活に近い住居を用意するというスタンスですから、一般的な家に似たような造りをしています。グループホームは、一事業所で2ユニットまで運営可能です。   1ユニットは5から9室と決まっています。建築費用は、土地代を含めると2ユニットを同一敷地内で建てるとすると、1億円ほどです。もちろん、規模やその地域の物価などによって具体的な建築費は異なってきます。   また、自治体によっては補助金が貰える地域もありますので、その場合は建築費を抑えることは可能です。補助金が貰えるかどうかは自治体ごとに異なることであるため、確認が必要です。   グループホームの設計は、この設計を得意としている建設会社を活用すると、入居者にとって住みやすい建物を建てることができます。その理由は、ノウハウがあるため、きちんと法律の要件を満たしつつ、入居者が快適な暮らしを送ることのできる設計を考えてくれるからです。   実績のある会社は、ホームページで積極的に宣伝をしているほか、設計のスタンスやこれまでどういった建物を建ててきたのかという実績をアピールしていますので、ホームページを見ればグループホームの設計、施工を依頼するのにベストな会社を選びやすくなります。

建設, 老人ホーム, 高齢者

グループホームの種類とその建設許可

グループホームにはその根拠となる法律が2種類有り、それぞれ建設関係において確認が必要です。まずは介護保険法に規定するものですが、この場合には認知症対応型共同生活介護事業となり、介護保険法に規定する基準を満たさなければいけません。   もう一つは身体障害者総合支援法関係での事業です。こちらも障害者総合支援法での基準を満たす必要があります。根拠となる法律を抑えることは必須です。   特にグループホームの中でも介護保険法のものは、地域密着型サービスの位置付けであり、市町村が許認可を行いますが、建設にはハードルが高めの場合が多いです。地域密着型サービスは、その自治体が必要が無いと判断される場合には、そもそも許可が下りません。   認知症対応型のグループホームの建設では、競合する場合もあります。他の法人が他の地域で開業を考えるときに、そもそも認可を行う場合においてより必要性が高いと思えるものを優先して、許可を出します。   ここで許可が出なければ、グループホームの建設は出来ません。このように、いくらグループホームをやりたい、建設したいと思っても、認可が出なければどうしようもないことです。   したがって、まずは制度上においての最低限の知識を有することが求められますし、認可を行う行政自治体との連携が欠かせないことをよく知っておくことが求められます。 なお、介護保険法等との許可と建築基準等での許可は、別物であることに注意が必要です。

建設, 老人ホーム, 高齢者

老人ホームは実績のあるところを選ぶ

高齢化の時代、ある程度の広さのある空き地が出来ると、老人ホームが建設されるようになっています。都会では、多くの老人ホームがあり、家族や親族がホーム入居をせざるを得ない状態の時には、選び方が課題となります。   老人ホームの中には、職員の対応の仕方や運営の方法等で行き届かないところもあり、新聞やニュースで報道されるような、悲しい事件にまで発展してしまうこともあります。家族や親族が悲しい思いで過ごすことがないよう、ホーム選びは慎重にします。   老人ホームは、実績のある、評判の良いところを選ぶようにすることが第一です。多くの人達に評判が良いところは、自分達や自分達の家族が訪ねても、良い印象を持つことが多くなります。したがって、知人や友人の話、さらには高齢者施設に関する情報に耳を傾け、どういったところが評判が良いのかを知る努力をするようにします。   ホームは多くありますので、どのホームも、多くの人達に評判が良いことを目指し、実績を上げる努力をしています。どういった点で、そのホームの良さがあるのか、自分の家族や自分達に向いているのかを見極めるようにします。   実績のある老人ホームは、入居者の人達が心地よく暮らせるよう、やさしい気持ちで迎え入れてくれます。事前に見学等を行い、ホーム全体の雰囲気を感じ取り、良い印象を受けたところを選ぶようにします。   多くの場合、そういったホームは実績のあるところです。信頼することが出来ますので、安心です。

建設, 老人ホーム, 高齢者

老人ホーム建築費は一般的な賃貸よりも高額

老人ホームの建築費は一般的な賃貸マンションなどよりも高額といわれています。高齢者向けの施設だとバリアフリー化は必須で、サービス付き高齢者住宅だと床面積が原則25㎡以上で便所と洗面設備等の設置なども欠かせません。   この基準を満たすためには一般的な賃貸物件よりもコストが高くなります。かかったコストを利用者からの家賃などで回収しようにも市場からすると難しく、収益性が下がる可能性が高いことも考えておく必要があります。   一般的に定員50人程度の老人ホームの開設にかかる建築費は約3億円といわれています。中でも一番高額にあるのが物件の取得費用で、居抜き物件を取得しても老人ホームとして建築する場合は、大規模なリフォームが必要だったり什器ななどが必用になることもあり建築費もそれ相応にかかることも多いです。   サービス付き高齢者向け住宅だと国からの補助金交付の対象なので費用の負担もかなり軽くなります。これは新築だと建築工事費の1/10以内が一戸につき上限100万円まで補助されて、高齢者生活支援施設を合築や併設するときも上限1000万円として補助金が交付されます。   また、老人ホームでも有料なものだと補助金や助成金が期待できないため建築費も高額になる可能性が高いです。少しでも建築コストを下げるには、建物を寄宿舎することです。これは台所やトイレ、洗面所や浴室が共用となりコストを抑えることが出来ます。 老人ホームは建築費も高額になりやすいのでそれを踏まえてから建築することが大切です。

建設, 老人ホーム, 高齢者

介護保険施設の老人ホームはローコストで入所できる

老人ホームには、公的な介護保険施設である「特別養護老人ホーム」「介護老人保健施設」「介護療養型医療施設」と一般企業などで運営する「有料老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅」などがあり、全国各地に点在しています。   施設の数は、保険者で管理しているため、必要以上の施設が集中することはありません。各施設では入所に伴う利用料が発生します。介護保険施設は公的な施設であるがゆえ、ローコストで入所することができます。   また、所得額の低い高齢者に対しては、申請により「介護負担限度額認定証」が交付されます。提示することで認定証に記載されている金額に居住費と食費が減額されるようになり、さらにローコストで入所することが出来ます。   ローコストで入所できるのが人気となっており、約300~700人程度の入所待機者がいるため、実際に入所できるのは数年待ちの状態が続いています。一般企業などで運営する「有料老人ホーム」などでは、介護負担限度額認定証の利用ができないため、所得額に変動することなく、皆一律の居住費、食費、管理費などの料金を支払うようになります。   所在地や施設の設備などによって地域的な費用の違いはありますが、平均して居住費、食費、管理費の合計が約13~16万円程度になります。   デイサービスやホームヘルパー、福祉用具貸与などの介護保険サービスを利用した場合には、さらに1~3万円程度の利用料金が合算されますので、施設を検討する場合は、直接担当職員からかかり得る金額の説明を受けるのが良いでしょう。